医事コンピュータ技能検定の難易度と合格率

 

現在、ほとんどの医療機関でコンピュータによる会計処理が行われています。日本全体の98.6%もの病院やクリニックで医療用レセプトコンピュータ(レセコン)が活躍しており、医療事務スタッフはパソコンを操作することが重要なスキルになりつつあります。

「医事コンピュータ技能検定」とは、医療事務の基礎的なパソコンスキル証明するための代表的な資格です。カルテを参照しながらレセプトコンピュータを用いて正確なレセプト作成能力を審査する試験です。

医療事務の知識に加えて、コンピュータの基礎知識・実技(オペレーション)能力を検定する試験です。難易度はコンピュータ検定の中では比較的高く、未経験者には多少厳しい内容の出題がされています。実務経験者がステップアップ・キャリアアップのために取得を目指す資格として検討すべきでしょう。

元ヤンの次女
準備万端で挑まないと、苦戦する資格よ。勉強はしっかり行ってからチャレンジしましょうね!

基本データ

正式名称医事コンピュータ技能検定試験
受講者数準1級:64人
2級:1,806人
3級:3,662人
合格率準1級:25.0%
2級:74.1%
3級:84.3%
受験料準1級:8,600円
2級:7,500円
3級:6,400円
難易度準1級:難しい
2級:やや難しい
3級:普通
取得目標期間会員校にて2年
受験形態会場試験
受験資格誰でも受験できる
試験時間2時間
実施期間年2回(6月中旬・11月中旬)
申込期間4月中旬〜5月中旬
9月中旬〜10月中旬
主催団体一般社団法人 医療秘書教育全国協議会
問合せ先〒134-0084
東京都江戸川区東葛西6-7-5
滋慶ビル2F
通学教育会員校にて受講可能

概要

「医事コンピュータ技能検定」は、医療機関のIT化に伴い、受験者も年々増加傾向している現在注目が集まっている検定試験です。

当資格の運営団体である「医療秘書教育全国協議会」は、1988年に設立され30年間にわたり、医療系人材の育成のために努めてきた団体です。

準1級、2級、3級の3階級あり、それぞれの難易度は比較的高く、難しい試験内容となっています。

一般的には、専門学校生の受験者が多いことが特徴です。会員校にて2年間の勉強過程を経て、試験を受けるのが最もスタンダードな取得方法です。

元ヤンの次女
独学で勉強して、個人で受験することはできるわ。けど一般の方は、類似資格を目指すことがベストな選択ね。
専業主婦の長女
以下の資格は、短期間で資格を目指せるし、比較的安い値段で勉強できるからとってもオススメよ!

試験内容

出題範囲は3つの領域に分かれており、各60点・計180点満点の試験が行われます。以下の領域から級ごとにより難易度を変えて出題されます。

  • 領域Ⅰ :医療事務
  • 領域Ⅱ:コンピュータ関連知識
  • 領域Ⅲ:実技(オペレーション)

試験時間は領域Ⅰ領域Ⅱにて60分。領域Ⅲにて60分の計2時間で行われます。

領域Ⅰ」は、医療事務の実務・診療報酬の算定に関する知識が問われます。医療保険制度の基本知識から、外来会計の算定、診療明細の基礎問題など、算定に関しての幅広い技能が必要となります。

領域Ⅱ」は、医療とは無関係です。単純にコンピュータに関する知識が審査されます。ネットワークやデータベースの基礎的知識・セキュリティ対策など、専門的な出題がされます。工学科で学ぶような知識が必要になるため、この領域が一番苦戦するでしょう。

領域Ⅲ」は、レセプトコンピュータを使ってレセプトを作成する問題が2問が出題されます。カルテや診療伝票を参照しながらコンピュータに打ち込みレセプトを作成します。実務的な技能を問われる試験です。その他、診療算定の点数を選択する問題が20問です。回答はマークシート方式です。

領域Ⅰ領域Ⅲは資料の持ち込みあり。

キャバの三女
領域Ⅲは、資料を参照できるし、問題自体も難しくないわ。リラックスして受けましょうね。
元ヤンの次女
領域Ⅱは、コンピュータの専門性が問われるわ。これを個人で独学で勉強することは正直、困難なのよね。

合格率・合格ライン

それぞれの級についての合格率は以下のようになっています。

準1級の合格率

実施年月受験者数(人)合格率(%)
2017年6425.0
2016年4725.5
2015年8923.6
2014年6823.5
2013年7528.3
2012年6028.3
2011年8924.7
2010年13023.1
2009年13226.2
2008年7923.3
2007年13333.1

2級の合格率

実施年月受験者数(人)合格率(%)
2017年1,80674.1
2016年2,10864.5
2015年2,16769.5
2014年2,09962.1
2013年2,23268.0
2012年1,86368.0
2011年1,89559.8
2010年1,92364.5
2009年2,04550.7
2008年2,47255.4
2007年2,22751.9

3級の合格率

実施年月受験者数(人)合格率(%)
2017年3,66284.3
2016年4,13980.0
2015年3,99878.2
2014年4,25976.4
2013年4,22171.2
2012年4,17071.2
2011年4,21672.8
2010年3,36681.3
2009年3,76970.1
2008年5,06377.1
2007年5,22469.9

試験の合格ラインは各領域の60%以上が正解の場合、合格することができます。

キャバの三女
準1級の合格率は25%前後と、難関資格並みの難易度ね!
専業主婦の長女
狙うならまずは、3級・2級と徐々に功績を上げていくのがベターね。

合格のメリット

  • レセコンによるレセプト作成が標準化されているので、重要性の高い資格
  • コンピュータ操作の技能が認められ就職に有利となる
  • レセプト電算オンライン化に伴い、さらなる需要が期待されている

特徴

  • 領域Ⅰ・領域Ⅲは資料(点数表・ノート・参考書)の持ち込みOK。
  • 電卓も自由に持ち込むことができる。
  • 1996年から実施されている、まだ新しい資格試験
  • 年間約6,000人が受講されている人気の資格
  • 難易度は各級難しい。中級者上級者に求められる資格
  • 合格後は、1.5ヶ月以内に通知あり
  • 会員校で受講される場合と一般で受講される場合で、料金は異なります。

まとめ

「医事コンピュータ技能検定」は、IT化が今後ますます発展している病院や医療機関で重宝される資格です。

ただし、コンピュータの幅広い知識を有していなければ困難な試験となっています。もし目指すのであれば十分な準備を心がけて挑みましょう!

もし、そこまで時間を取れないのであれば、もう少し難易度を落として同じような資格を取得することをオススメします。ぜひ頑張ってくださいね!

元ヤンの次女
専門学校で約2年間学ぶことができない方。育休・産休や子育て世代の親であれば、以下の資格を目指すことをオススメするね!
専業主婦の長女
合わせてチェックしてみてね!就職に有利なコンピュータ資格。取って損することはないわよ!

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です