医療事務になるために短大・専門学校に行く価値はあるのか?

 

医療事務は調剤薬局事務とともにとても人気のある職業であり、競争率の高い職業でもあります。医療に関わる事務仕事ということもあり、あらかじめ特別な知識やスキルを学ばなければならないのかと疑問に思う人もいるでしょう。

ここでは医療事務になるために専門学校などへ通って勉強する必要があるのかについてお話します。

 

専門学校などへ行くべきか?

医療事務は確かに医療に携わる職業であり、業務上専門的な知識を要求されることもあります。しかしながら実のところ、医療事務になるために専門的な知識やスキルは必要ありません。

これは医療事務の求人募集要項をチェックしてもらうとすぐにわかるのですが、どこの病院でも「学歴不問・無資格OK・未経験OK」としています。

つまり医療事務として働くために、あらかじめ何かを学んでおくことは求められていないのです。したがってわざわざ専門学校などへ通って医療事務に関する知識やスキルを身につける必要はありません。

なぜなら業務上、専門的な知識が問われることはすべてレセコン(レセプトコンピューター)と呼ばれるコンピューターが行ってくれるからです。

 

資格取得の必要性と学ぶ場所

レセコンさえ扱うことができれば、専門的な知識やスキルがなくても医療事務として十分働くことができますし、レセコンの使い方も教えてくれます。

しかしながら医療事務は競争率の高い職業である上に、採用には実務経験者が優遇されることも多いです。実務未経験者の場合は、資格を取得して他の実務未経験の応募者と差別化を図る人もいますが、実際その方法はおすすめです。

さてその場合、どこで医療事務資格の勉強をすればよいでしょうか?先に述べた専門学校でももちろん学ぶことができますが、医療事務資格取得のための知識は一部の専門学校でしか学べません。

また専門学校で学ぶには時間とお金が多くかかってしまう問題もあります。医療事務資格取得以外にもその専門学校で学びたいことがあれば別ですが、そうでないならばわざわざ専門学校へ通うことはおすすめしません。

注意

専門学校や短期大学で学ぶ場合、必要となる経費は150万円程度かかると言われています。

学習期間も1〜2年必要となり、十分な時間を確保することが絶対条件です。

 

資格取得には講座受講

医療事務の資格はすべて民間の団体が認定しているものであり、複数存在します。そしてその複数存在する資格の多くが特定の医療事務講座を受講することを受験資格としています。

したがって手っ取り早く医療事務の資格を取るためには、講座(通信制・通学制)を受講することが1番です。

通信制の場合

通信講座と通学講座がありますが、通信講座のほうがかかる費用が安く済むためおすすめです。またインターネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでも講座を受けることができます。そのため忙しい人や、まとまった時間を取るのが難しい人にもぴったりです。

通学制の場合

一方、周りに調剤薬局事務を目指す仲間がいるほうが勉強するモチベーションが上がるタイプの人や、学校の授業のように環境に強制されないと怠けてしまって勉強が難しいという人には通学講座がよいでしょう。

補足説明

通信講座の場合、必要となる経費は約40万円。通学の場合は4万円。

当サイトでは、以上の理由から通信講座で学ぶことを強くオススメしています!

 

自分に合った講座選びをしよう

数ある医療事務講座ですが、合格保証制度を設けて資格試験合格まで面倒を見てくれるところや、受講生のサポートに力を入れているところなど特色もさまざまです。

またニチイ学館ヒューマンアカデミーなどでは独自の割引制度を利用することもできます。

したがって各講座の資料請求をしたり、ホームページをチェックしたりして自分に合った講座で医療事務資格の取得を目指すとよいでしょう。

 

まとめ

医療事務は無資格・実務未経験でも働くことができる職業であるためわざわざ専門学校などへ行く必要はありません。

そして医療事務に採用される確率を上げるために資格取得をする際も、専門学校などではなく通信講座や通学講座で勉強するほうがよいでしょう。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です