逆質問で印象アップ!医療事務の面接で「何か質問は?」への答え方

 

面接時によくされる質問として「最後に何か質問はありますか?」という面接官が志望者に質問させる「逆質問」があります。

これは疑問に思っていることを聞けるだけでなく、自己アピールをすることもできるため、しっかりとおさえておきたいポイントです。

ここではそんな医療事務の面接において、逆質問の答え方についてご紹介します。

 

逆質問をする意図

「自社の理解度」を見ている

そもそも面接官が逆質問をする理由とは何でしょうか?

企業によってその理由はさまざまでしょうが、まず自社に対してどのくらい理解があるかについて確認したいというのが理由の1つに挙げられるでしょう。

的を射た質問というのは、質問したいもの自体を深く理解していなければできないものです。したがって応募者がどのような逆質問をするかによって、どのくらい企業研究や業務について調べているのかを知ることができます。

「興味・関心」を見ている

ここで質問をしない、あるいはその企業と全く関係のない質問をするようであれば、「自社について興味がない=志望度が低い」と受け取られるでしょう。

また逆質問は応募者からの自発的な発言が求められるものです。ここで自分の考えを上手くまとめて適切かつ的確な質問ができるかどうかや、双方向の会話をスムーズに行えるかどうかでコミュニケーション能力を確かめる意図もあります。

 

してはいけない逆質問

ダメな例

例えば、

  • 「御社の強みはなんですか?」
  • 「御社の企業理念を教えてください」
  • 「どのような企業が主要取引先にありますか?」

といった、ホームページなどで事前に調べればわかることを質問するのは絶対にやめましょう。

公にされている情報について質問することは、「そちらの会社について何も調べていません」と言っているようなものです。

知る必要性がある質問をしよう

またなぜその質問をしたのかという意図がわからない質問はしないようにしましょう。

例えば「どのような医薬品を取り扱っていますか?」というような質問は、その答えを知ったからといって何のメリットもありません。つまり質問する必要性がどこにもないものです。

相手方にしても、「そんなことを知ってどうするんだ?」と疑問に思う的はずれな質問です。したがってどうしてその質問をしたのかについて説明ができない質問は避けましょう。

 

やる気をアピールする逆質問で印象アップ

それではこれからどのような逆質問をするのがいいのかについて具体的にご紹介します。まず一番考えやすいのはやる気をアピールする逆質問です。

このタイプの逆質問は、企業理解が深くなくても済むことから作りやすく、他の企業でも使い回しやすい質問です。

良い逆質問の具体例1

「医療事務の1日の業務スケジュールを教えてください」などの仕事の中身を具体的に聞くことは、やる気を見せることに繋がります。このように入社後をイメージした具体的な質問は、やる気があるとして面接官に好印象を与えるでしょう。

良い逆質問の具体例2

また「医療事務となるためにメディカルクラークを取得しましたが、もしご縁があって内定を頂いた場合は、入社までに勉強しておくことやしておくべきことはありますか?」などの質問も働きたい意欲の表れとしてアピールできます。

 

自分の長所をアピールする逆質問で印象アップ

「積極性がある」「忍耐強い」「責任感がある」など、長所として挙げられるものはたくさんありますが、自分の長所を述べた上で質問をすると、面接官に好印象を与えられます。

良い逆質問の具体例3

例えば「誰とでも親しくなれる性格ですが、職場の雰囲気を教えてください。」というように、さりげなく長所をアピールしながら、質問するように心がけるといいでしょう。

ただし「〇〇することが得意です」というように、自慢をするような言い方は避けましょう。「私は粘り強い性格ですが…」「〇〇という性格を活かしたいのですが…」というように、言葉を選びながら述べましょう。

逆質問は最後の質問なので、アピールしそこなった部分をここで強調することができます。

 

まとめ

これまで逆質問について、してはいけない質問や印象をアップさせる質問の仕方について具体的にご紹介してきました。

これらはある程度事前に準備しておくことができる質問ですから、会話の中で逆質問のポイントを探るのが難しい場合は参考にしてみてください。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です