医療事務が無資格・未経験でも仕事が可能な理由とは?

 

医療事務で働きたいと思っている人の多くが

  • 病院勤務になるし、経験者じゃないと難しいのかな?
  • 働くには資格が必要じゃないの?

と考えているのではないでしょうか。しかし現実には、未経験・資格なしでも多くの人が働いています。

医療事務は「無資格」「未経験」でも働くことができる、今女性に人気の仕事です。

働きたいという気持ちさえあれば、誰にでも働くチャンスがある仕事です。ではなぜ医療事務は「無資格」「未経験」でも働くことができるのかをご紹介していきます。

 

医療事務という仕事

日次業務

医療事務という仕事は、医療機関で働く事務員です。病院の受付に立ち、来院される患者様の応対を行います。

患者様が来院されると、受付で保険証や診察券を預かり受付処理を行います。その後診察への誘導、診療内容の不備の確認、会計処理、お会計へと一連の流れを医療事務が行います。

大まかな仕事内容

  • 受付案内
  • 電話対応
  • カルテの用意・整理
  • 会計処理
  • レセプト入力
  • レセプト業務
  • 薬剤や薬袋の在庫管理
  • 清掃など

規模の大きな病院ではそれぞれの科に分かれて業務を分担していますが、比較的規模の小さなクリニックではこの一連の流れをスタッフ全員で分担し、医療事務スタッフの誰もがこれら全ての仕事をこなせるような体制をとっています。

月次業務

また、日常業務とは別に月末から月初めには診療報酬請求事務、通称レセプト業務も医療事務の重要な仕事です。

一般的には、患者様が保険診療を受けると会計窓口で3割負担の医療費を支払います。残りの7割分は、国保連合会や健康保険組合に請求するのですが、1か月にかかった一人あたりの診療点数をまとめたものをレセプトといいます。

レセプトを作成し請求するまで、病院にとって最も重要な請求業務を行うのが医療事務です。

 

医療事務の資格とは

医療事務にも資格があります。そうはいっても、同じ医療機関で働く医師や看護師が持つ国家資格ではなく、全てが民間資格です。

この民間資格は、医療事務に関連する資格を合わせると35種類以上あり、そのほとんどが合格率60~70%とそこまで難易度が高くありません。

民間資格ということで資格の種類が多く統一性がないため、採用側にとって医療事務の資格の有無があまり重要視されていないのが現実です。

また、資格取得のために学ぶ医療事務の知識は、医療保険制度の仕組みや保険種別、基本的なレセプト作成の計算方法などを学びます。

とは言っても、実際の現場にでると医療事務の資格で学んだ知識が活かされる場はごく一部で、医療事務として必要な多くの知識は現場で日々習得する人がほとんどです。だからこそ、採用側も「無資格」「未経験」でもやる気のある人であれば人材を採用します。

 

即戦力となる経験者

医療事務は、未経験歓迎の求人をよく目にします。しかし必ずしも、未経験を積極的に採用しているというわけでありません。

医療事務の業務内容は、病院や診療所によって少しずつ業務内容が異なります。扱っているものが電子カルテやレセコン、紙カルテなのかによっても仕事が違ってきます。

とはいえ、基本となる医療事務に必要な知識は日本のどこの病院であっても同じです。だからこそ、未経験者と比べると採用時に有利になるのが「経験者」です。

実際に医療事務として働いていたという経験から、現場でしか得ることの出来ない医療事務に必要な知識やスキルを持っているからです。このような経験者は、病院の即戦力になるため採用時に優遇される傾向にあります。

ポイント♪

これはどの職種も同じで、求人応募者の中で未経験と経験者がいれば、即戦力となる経験者が優遇される場合は多いでしょう。

医療事務に限ったことではないのです。

 

無資格未経験で医療事務になるには

このように医療事務の採用は経験が優遇されると述べましたが、「資格なし」「未経験」である人がどうしても医療事務になるためにはどうすればよいのでしょうか?

小規模クリニックを狙う

病院や調剤薬局によっては「自店舗のルール」を覚えてもらいたいため、未経験者を歓迎してくれる場合もあります。

希望する勤務場所が大規模な病院の場合は、経験者が優遇されることも多いでしょうが、個人経営のクリニックや調剤薬局では未経験者を歓迎してくれることもあります。

小規模な医療機関ではなどでは、患者さんとの距離も近いため接客も重要な仕事になり、「人柄」や「やる気」を重視されるのです。

未経験・資格なしで応募する場合は、小規模の病院や調剤薬局を狙って就職活動すると良いでしょう。

 

スキルの証明を持つ

医療事務への最短距離は、やはり資格を取得すること、採用時に自分の武器となるスキルを一つでも多く増やすということです。

「無資格」「未経験」でも採用されるチャンスはありますが、資格はそれほど重要視されないとはいえども、資格や経験が何もない人と資格保持者を比べると、資格保持者が少なからず優位になります。

資格は、医療事務を学んだという知識の証明になります。資格があることで資格手当が出るなどの特別な待遇はありませんが、医療事務として絶対に働きたいと思っている人ならば資格は持っていて損はありません。

 

まとめ

医療事務が「無資格」「未経験」でも仕事ができるという理由は、資格のため勉強して得た知識だけでは到底医療事務の仕事が務まらないからなのです。

医療事務として実際に現場で働きながら学ぶ知識が大半なので、たとえ資格が無くても未経験者でも仕事ができるということなのです。

とはいえ、資格を取っていると面接の際に「医療事務の仕事に対して前向きである」と判断されることもあり、就職に有利になる場合もあります。

あなたが資格を取るか、取らないかで検討しているのであれば、ぜひ取得をおすすめします。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です