医療事務のアウトソーシング(outsourcing)とは?

 

近年では各企業において、売上・利益の向上だけでなくコスト削減の実施を行うために、「アウトソーシング」という経営戦略が広まりつつあります。

ここでは、そんな多くの企業が取り組んでいるアウトソーシングについて、病院・クリニックではどうなのかも含めてご紹介します。

 

アウトソーシングとは

人材を外部委託する

アウトソーシングは外部(out)から調達(sourcing)することを意味します。一般的には外部から経営資源を調達することを言い、この場合の経営資源とは人的資源あるいは人に付随するサービスのことです。

つまりアウトソーシングとは、仕事を担う人やサービスを企業内の社員だけで行うのではなく、契約によって専門企業などから人材を調達して仕事をしてもらう経営手法のことを言い、外部委託とも呼ばれます。

人材不足の対策

こうしたアウトソーシングが普及しつつある背景には、多角経営の広がりと人材不足が考えられます。

特定の高度なサービスを提供する専門業者を外部から調達することで、社内業務を効率化するとともに高い品質を保証することができ、その結果限られた経営資源を有効活用することが可能です。

また若年労働者人口の減少をはじめとする人手不足を補完するためとして、アウトソーシングを重要な経営戦略であると位置づける企業も増えています。

 

必要なときに必要な力を調達できる

人材を育てるには、それ相応の時間とコストがかかります。しかしながら変化の激しい現代の日本経済は、じっくりと人材が育成するまで待ってはくれません。そんなときに便利なのがアウトソーシングです。

当然のことながら、企業にとってコアとなる技術や業務に関わる人材は、育成する必要があるでしょう。しかし標準化できる定型業務やシステム処理ができる業務などはアウトソーシングを活用することで、変化の早い現代に対応することができます。

そうすることによって、よりコアな人材の育成にコストをかけけることができ、企業としての競争力を強化することが可能です。

 

業務の効率化ができる

アウトソーシングは、外部の専門家の力を活用することができます。そしてそうした人材は何も専門知識を持っているだけに留まりません。

まずその分野の専門家であるため、仕事の仕方もより効率的です。普通は複数人で行うところを一人で処理できることも少なくありません。

最短最速の仕事

次に仕事を行うスピードも違います。自社社員がかける時間よりも少ない時間で仕事を仕上げることができます。専門として特化しているからこそ、最短で仕事を仕上げる方法を熟知しているわけです。

高品質な仕事

そして当然のことながら高い品質の仕事もします。そもそも高い品質で仕事ができることは、アウトソーシングを活用したい企業としては最も重要な評価基準であるため、評判を落とすような仕事はしません。

このようにアウトソーシングは自社社員で行うよりも高い品質・スピードを手にすることができ、業務の効率化に有効な手法です。

 

医療事務のアウトソーシング

診療報酬や保険制度、社会情勢などが変わりゆく中で、医療機関の経営も改革が必要となっています。その中でも雇用問題・業務の効率化・業務精度などの多くの問題を解消するために、病院・クリニックでもアウトソーシングの活用が注目されています。

医療事務の受付業務を外部に委託することも珍しくありません。ニチイ学館ソラストがそうした医療業務受託事業に関しては有名で、接客・マナーといった高度な訓練を受けたスタッフが、受付業務を担ってくれます。

 

まとめ

アウトソーシングとは企業が自社の業務を外部の専門業者などの人材を調達して行うことを言い、外部委託と呼ばれることもあります。

医療事務でもアウトソーシングを活用しているところはあり、ニチイ学館・ソラストは医療業務受託事業に関して有名です。

これから医療事務への就職を考えている人であれば、ニチイ学館やソラストに所属してみることも一つ検討してみてはいかがでしょうか?

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です