医療事務に向いている人・向いていない人の特徴と適性

 

医療事務の仕事は、まさに「医療機関の顔」として、受付・窓口業務を中心に、患者さんと最初に接するポジションです。そんな医療事務という仕事には、向き不向きが大きく分かれる仕事です。

医療事務に向いている人、向いていない人の特徴について、仕事内容を例に出して詳しく紹介していきますね。

あなたはこの職業に向いているいるのか、適性をみてみましょう!

 

医療事務の主な業務

医療事務の仕事は、病院やクリニックなどの窓口で医療費の計算をしたり、保険者に対して診療報酬を請求したりする専門職です。外来窓口の受付業務を兼務するケースが多くみられます。

患者様からの診療についての問い合わせや、製薬会社をはじめとした取引業者からの電話など、電話対応も欠かせません。

問診票やカルテのデータ入力、検査データの準備の他、紹介状など書類作成もあります。

そして、医療事務のメイン業務は、何と言ってもレセプト業務です。レセプトとは、「診療報酬明細書」のことで、患者さんが窓口で自己負担された費用以外の分を、保険者に請求するため、レセプト業務は毎月、月初めに行います。

 

医療事務に向いていない人

主な特徴

まずは、医療事務に向いていない人の特徴からです。

  • 人との会話が苦手
  • 周りの空気を読んで行動することができない
  • トラブル時も落ち着いて冷静な判断が出来ない
  • パソコンが苦手
  • 学び続ける向上心が無い
  • 数字が苦手

などが挙げられます。

人との関わりが苦手

医療事務として知識や能力ではなく、まず「人と関わることが好きかどうか」が大きく左右します。医療事務は事務と名がついていますが、一日中デスクに座りパソコンと向き合って業務が終わる一般の事務職とは異なります。

実際は、事務業務の合間合間に患者様の応対をしながら業務をこなすため、事務職でありながも常に患者様の応対をしなければなりません。

病院の顔となりどんな状況でも常に笑顔で気持ちの良い応対が求められる医療事務は、まず「人と関わること」が苦手な人にとっては苦痛に感じることも多く、不向きのように思われます。

 

ミスやトラブルでパニックになる

どんな職場でもトラブルはつきもの。医療現場でもさまざまなトラブルが想定されます。

それは患者様の急変や患者様からのクレーム、機械トラブル、医療費の算定間違いなどが挙げられます。ここに挙げたのはあくまでも例ですが、実際はいつ何が起こるか想定できません。

事務内容でのトラブルであれば取り返しがつくこともありますが、医療現場で働くということはトラブルやミスが患者様の命に関わるということを忘れてはなりません。

さまざまなトラブルにおいて、毎回パニックになり落ち着いた判断ができないとい人は非常に危険です。「つい焦ってしまい…」という言い訳は医療現場では通用しません。

自分を冷静に保つことができなければ、医療事故を起こす可能性が高いということでもあります。

ポイント♪

あなたが人と関わるのが苦手であれば、医療事務職の適性度は低いでしょう。

逆に、人とのコミュニケーションが好きであれば、素質は十分にあります。それだけ人との関わりが多く、人のために働ける仕事なのです。

決意を胸に、医療事務を目指していってください。

 

数字やパソコンが苦手な人

やはり数字が苦手な人には厳しい仕事です。丸暗記する必要はありませんが、ある程度のことは覚える必要があります。

そして、日々の会計業務での間違いがあれば、患者さんに迷惑がかかってしまいます。さらに、毎月のレセプト業務の際には、データの漏れや誤った入力内容をそのまま見過ごして提出してしまうと、返戻でレセプトが差し戻されることになります。

その場合、修正して再提出する必要があり、診療報酬が支払われる時期が遅れます。

細かいチェック作業が不得意な人、うっかりミスが多い人には残念ながら適性は低いでしょう。

また、パソコン入力や電話対応が多いため、パソコンと電話に対して苦手意識が強い人も、正直に言ってあまり向いていません。得意とまでは言えなくても、苦手意識なく対応できれば大丈夫です。

 

 

医療事務に向いている人

主な特徴

次に、医療事務の向いている人とはどのような人かを紹介します。

  • スピーディーで正確に事務作業をこなせる
  • 細かなミスに気付くことの出来る
  • 落ち着いた行動がとれる
  • 気配りができる
  • パソコン入力が早くて正確
  • 数字を扱うのが好きな人
  • 人間関係の構築が円滑で、人とのコミュニケーション能力が高い

などが挙げられます。

人との関わりが好き

やはり、コミュニケーション能力の高さは重要なポイントだと言えます。

スキル面はある程度こなす事で身につけていくことが可能ですが、周りへの細かな気配りや高いコミュニケーション能力はその人の生まれ持った能力。

患者様とのコミュニケーションが業務の大半を占める医療事務としての向き不向きに大きく影響します。

 

数字やパソコンが好き

医療事務では、窓口での会計業務や毎月のレセプト業務などで、数字を扱う機会がとても多い仕事です。そのため、数字を扱うのが好きな人に向いています。そして、点数計算のために調べたり覚えたりすることが日々たくさんあります。2年に一度、偶数年に診療報酬の改定もあるので、調べることが好きな人に向いています。

さらに、医療事務の仕事には、カルテをはじめとした重要な書類を扱う場面がたくさんあります。万が一、別の患者さんのカルテを誤って出したり、処方された薬の情報を誤って入力したりすれば、大問題となります。

そうしたミスを未然に防ぐためにも、細かいところによく気が付く人が向いています。

また、パソコン入力や電話対応が多いため、テキパキと苦手意識なくこなせる人が求められます。コールセンターなどで受発信と対応結果の入力といった業務を経験している人には、とても向いているでしょう。

 

求められる患者様への細かな気配り

医療事務にとって必要なコミュニケーション能力とはスタッフ間とのチームワークはもちろんのことですが、主に患者様とのコミュニケーション能力を指します。

スタッフ間のチームワークは、日々のコミュニケーションで徐々に形成することができます。ですが、患者様の場合は毎日馴染みの人から新規の患者様まで診療所でも毎日1日平均40人、多いところでは100人を越える患者様が来院します。そのすべての患者様の窓口となって接するのが医療事務です。

常に窓口に立ち、待合にいる患者様に目を向けながら、業務をこなさなければなりません。

待合にいる患者様の待ち時間の長さが目立ち始めると、こちらから気づきあらかじめ納得する説明をするなど常に周りの状況を観察し、患者様の気持ちに寄り添った「気づき」ができる洞察力がある人材は医療事務に非常に向いています。

これは持っているスキルではなく、持っているその人自身の性格も大きく影響します。

ポイント♪

人に役立つ仕事をしたい。それだけで、医療事務職の適性は十分にあります。

今までの人生で気づけなかった自分の可能性が、医療事務を通じて開かれることになるハズです。

 

医療事務はこんな人におすすめ

スキル面の適性以外に、メンタル面の適性もやはりあります。

まず、粘り強く物事に取り組める姿勢です。コツコツと入力作業やチェック業務をこなす根気が求められます。

また、心身の健康も欠かせません。当然のことですが、医療機関には何かしらの疾病のある人が来られます。心身の健康に自信がある人、風邪を引きにくく、少々のことにはへこたれない前向きなメンタルを兼ね備えた人なら安心です。

医療事務の仕事は、病院の顔ではありますが、決して華やかさがある仕事ではなく、どちらかと言えば縁の下の力持ち的なポジションだと言えます。

地味な作業でも苦にならず、テキパキと黙々とこなしていける人におすすめです。

 

まとめ

医療事務に向いている人、向いていない人の特徴についてご紹介しました。

ここで挙げた特徴は、医療事務の仕事内容を例に出して挙げてみましたが当てはまっているから、絶対に医療事務に向いている、向いていない!というわけでは決してありません。

どうしても医療事務になりたいと思っている人であれば、その強い気持ちと患者様に寄り沿おうとする対応がなによりも大切です。

常に医療事務としてのスキルを上げたいという向上心を持っている人が医療事務に最も適した人材であることは間違いありませんよ。

何よりも重要なのは、本人の意欲と努力です。最初から全てうまくこなせる人などいません。医療事務の仕事に就きたいという熱意を大切に、ぜひ積極的にチャレンジしてみてください。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です