医療事務に向いている人・向いていない人の特徴

 

医療事務という仕事には、向き不向きが大きく分かれる仕事です。

医療事務に向いている人、向いていない人の特徴について医療事務の仕事内容を例に出して詳しく紹介していきますね。

あなたはこの職業に向いているいるのか、適性をみてみましょう!

 

医療事務に向いていない人

主な特徴

まずは、医療事務に向いていない人の特徴からです。

  • 人との会話が苦手
  • 周りの空気を読んで行動することができない
  • トラブル時も落ち着いて冷静な判断が出来ない
  • パソコンが苦手
  • 学び続ける向上心が無い

などが挙げられます。

人との関わりが苦手

医療事務として知識や能力ではなく、まず「人と関わることが好きかどうか」が大きく左右します。医療事務は事務と名がついていますが、一日中デスクに座りパソコンと向き合って業務が終わる一般の事務職とは異なります。

実際は、事務業務の合間合間に患者様の応対をしながら業務をこなすため、事務職でありながも常に患者様の応対をしなければなりません。

病院の顔となりどんな状況でも常に笑顔で気持ちの良い応対が求められる医療事務は、まず「人と関わること」が苦手な人にとっては苦痛に感じることも多く、不向きのように思われます。

 

ミスやトラブルでパニックになる

どんな職場でもトラブルはつきもの。医療現場でもさまざまなトラブルが想定されます。

それは患者様の急変や患者様からのクレーム、機械トラブル、医療費の算定間違いなどが挙げられます。ここに挙げたのはあくまでも例ですが、実際はいつ何が起こるか想定できません。

事務内容でのトラブルであれば取り返しがつくこともありますが、医療現場で働くということはトラブルやミスが患者様の命に関わるということを忘れてはなりません。

さまざまなトラブルにおいて、毎回パニックになり落ち着いた判断ができないとい人は非常に危険です。「つい焦ってしまい…」という言い訳は医療現場では通用しません。

自分を冷静に保つことができなければ、医療事故を起こす可能性が高いということでもあります。

ポイント♪

あなたが人と関わるのが苦手であれば、医療事務職の適性度は低いでしょう。

逆に、人とのコミュニケーションが好きであれば、素質は十分にあります。それだけ人との関わりが多く、人のために働ける仕事なのです。

決意を胸に、医療事務を目指していってください。

 

医療事務に向いている人

主な特徴

次に、医療事務の向いている人とはどのような人かを紹介します。

  • スピーディーで正確に事務作業をこなせる
  • 細かなミスに気付くことの出来る
  • 落ち着いた行動がとれる
  • 気配りができる
  • パソコン入力が早くて正確
  • 人間関係の構築が円滑で、人とのコミュニケーション能力が高い

などが挙げられます。

人との関わりが好き

やはり、コミュニケーション能力の高さは重要なポイントだと言えます。

スキル面はある程度こなす事で身につけていくことが可能ですが、周りへの細かな気配りや高いコミュニケーション能力はその人の生まれ持った能力。

患者様とのコミュニケーションが業務の大半を占める医療事務としての向き不向きに大きく影響します。

 

求められる患者様への細かな気配り

医療事務にとって必要なコミュニケーション能力とはスタッフ間とのチームワークはもちろんのことですが、主に患者様とのコミュニケーション能力を指します。

スタッフ間のチームワークは、日々のコミュニケーションで徐々に形成することができます。ですが、患者様の場合は毎日馴染みの人から新規の患者様まで診療所でも毎日1日平均40人、多いところでは100人を越える患者様が来院します。そのすべての患者様の窓口となって接するのが医療事務です。

常に窓口に立ち、待合にいる患者様に目を向けながら、業務をこなさなければなりません。

待合にいる患者様の待ち時間の長さが目立ち始めると、こちらから気づきあらかじめ納得する説明をするなど常に周りの状況を観察し、患者様の気持ちに寄り添った「気づき」ができる洞察力がある人材は医療事務に非常に向いています。

これは持っているスキルではなく、持っているその人自身の性格も大きく影響します。

ポイント♪

人に役立つ仕事をしたい。それだけで、医療事務職の適性は十分にあります。

今までの人生で気づけなかった自分の可能性が、医療事務を通じて開かれることになるハズです。

 

まとめ

医療事務に向いている人、向いていない人の特徴についてご紹介しました。

ここで挙げた特徴は、医療事務の仕事内容を例に出して挙げてみましたが当てはまっているから、絶対に医療事務に向いている、向いていない!というわけでは決してありません。

どうしても医療事務になりたいと思っている人であれば、その強い気持ちと患者様に寄り沿おうとする対応がなによりも大切です。

常に医療事務としてのスキルを上げたいという向上心を持っている人が医療事務に最も適した人材であることは間違いありませんよ。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です