医療事務に求められるパソコンスキルはどの程度?

 

医療事務として働く場合、どの程度のパソコンスキルが必要なのかご存じでしょうか。

一般の事務職と少し異なる医療事務に求められるパソコンスキルについて詳しくご紹介します。

 

医療事務が扱うパソコンとは

医療事務が主に扱うパソコンは、世間一般の事務職の人が扱うパソコンとは違い、レセプトコンピュータ(=通称レセコン)や電子カルテと呼ばれる医療機関専用のコンピュータを扱います。

レセコンや電子カルテは、医療機関専門のコンピュータなので、医療事務として働き出してから初めて扱う方がほとんどではないでしょうか。

 

レセコン(医事コンピュータ)

レセコンは1970年代の登場以降、徐々に各医療機関で取り入れられるようになりました。

診療報酬を計算し、請求に必要な診療報酬明細書を作成するためのパソコンで、医師が行う診療や処方がすべてコード化されている非常に特殊なコンピュータです。

 

電子カルテ(電カル)

次に、電子カルテは従来医師が診療内容や処方を記載していた紙カルテを全て電子化し、管理しているものが電子カルテです。

電子化することで院内どこにいても端末さえあれば、カルテの共有が可能になりました。

1990年代に登場し、1999年に日本で正式に電子カルテが認められ、電子カルテは現在の医療機関において最新の診療録管理システムです。

 

医療業界のIT化

今、医療業界では電子カルテが一般的になりつつあります。

病院で管理しているカルテも紙カルテから電子カルテへと徐々に移行する方向性をとっており、新規で開業された医療機関のほとんどが電子カルテを導入しています。

 

カルテだけでなく、レセプト業務と呼ばれている請求事務も電子化が進んでいます。

レセコンがない医療機関では手書き、レセコンを保有している医療機関ではレセコンで印刷したレセプトを印刷し、紙媒体を国保連合会や支払基金に提出していました。

ですが、平成23年度以降全ての医療機関でレセプトについてオンライン提出が原則義務化になりました。

今まで印刷し用紙として提出していたレセプトをすべて取りやめ、レセプト情報をデータで送るオンラインで請求となりました。

効率的にまた医療の質向上のために、今後ますます医療業界のIT化が進んでいくことでしょう。そのため、今後より一層パソコンスキルが医療事務に求められます。

 

オフィスソフト(word,excel)は出来ないとダメ?

求人情報を見ていると「エクセル、ワード必須」といった条件を目にすることがあります。

事務職である医療事務においてもエクセルやワードといったパソコン技術が求められるのでしょうか?

 

先ほども述べたように、医療事務が主に扱うレセコンや電子カルテといった医療機関専用コンピュータです。

医療事務は業務内容では基本的にofficeソフトを使用することはありません。

なので、エクセルやワードができなくても医療事務の一般的な業務内容に支障はありません。

 

しかしながら、医療事務の仕事内容は医療機関によって違い、医療事務が院内のさまざまな書類を作成している病院もあります。

また、医師の指示のもと医師代行という形で紹介状や診断書を書くこともあり、エクセルやワードを使用し書類を作成することもあります。

医療事務の一般的な業務では必要のないエクセルやワードですが、医療機関の仕事内容によってはofficeソフトの知識が必要となってくる可能性があると思っておくほうがよいでしょう。

 

求められるパソコンスキルとは?

医療事務の仕事として医療事務が医師の横に付き、「ドクターズクラーク(医師事務作業補助者)」の業務を行っている医療機関もあります。

ドクターズクラークは、電子カルテの入力など医師の事務業務の負担を軽減し医療の質の向上を目的として設置されており、医師の事務作業のサポートをします。

 

医師の横で指示を受け、診察に支障をきたさぬようスピーディーに電子カルテの入力をしなければなりません。

医師と患者様の会話を聞き取り診療内容の記録、検査や処方などの代行入力も行います。

診療内容を正確に記載し、尚かつ医師や患者様を待たせない迅速な入力スキルが求められます。

 

医療事務として特別優れたパソコンスキルが求められるわけではありません。

レセコンも電子カルテも業務をこなしながら学ぶ人がほとんどですが、事前に基本的なパソコンの知識や操作に加え、正確にそして素早く入力が行えるブラインドタッチができるとよいでしょう。

 

まとめ

医療事務として働くことを考えているのであれば、レセコンや電子カルテの操作は必須です。

そのため基本的なパソコン操作やエクセル、ワードが扱えるのであればまず問題ないでしょう。

もしパソコンが苦手で自信がない場合は、パソコン教室やコンピュータ講座を開催している医療事務講座を利用するなどして基礎知識を練習し、専用資格を目指しておくのもよいでしょう。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です