医療事務と一般事務の違い。仕事内容や将来性はどっちがいい?

 

一般事務も医療事務も「事務職」という同じくくりで分類されます。でも、仕事内容や求められるスキルにはかなり違いがあります。

今回は両者の違いについて解説していきましょう。

一般事務と医療事務の違い

仕事をする場所が違う

一般事務は企業で仕事

一般事務は企業で採用され、いわゆる会社の中のサービス部門としての役割を担います。

おおざっぱに職種を分類すると、社員がスムーズに業務を行えるよう目配りする「総務」、採用や配属などを扱う「人事」、お金の流れを扱う「経理」、資料作成や備品管理などを扱う「庶務」などがあります。

企業によっては複数の職務を兼任する、小さな会社なら一人で全部担当というところもあります。

医療事務は医療機関で仕事

一方、医療事務は病院や診療所、歯科医院、調剤薬局など医療現場で採用されます。

働く職場や持っている資格、キャリアにより、仕事内容はさまざまですが、患者様への対応も必要な場合がほとんどです。

 

求められるスキルが違う

一般事務は資格不要

一般事務の場合、職種や企業の業種によって異なりますが、最低でもPCスキルとしてワードやエクセル、パワーポイントなど、資料作成に必要なソフトが使えること。タイピングのスピードや正確さなども必要になります。特に経理の場合は会計ソフトなどを扱うこともあるので、会社によっては簿記の資格が必要というところも。

ただ、入社してから各部署でトレーニングを受けることが多いため、入社時に必ずしも資格取得が必要ということはあまりないようです。

医療事務は資格があればなおよし

医療事務も資格なしでOKというところがないわけではないですが、医療制度の知識や診療報酬の査定に関する知識などがないと、現場でかなり苦労します。

最低でも資格を取得することがスタートラインと考えておくほうがいいでしょう。

 

転職のしやすさが違う

一般事務の転職はリスク

一般事務は中途採用がないわけではありませんが、基本的には転職するよりは同じ会社で勤め続ける方が良いことが多いです。結婚や出産などで産休を取る、短時間勤務を希望する場合、融通がききます。

一度退職し、再就職する場合、お給料が上がることはあまりありません。採用担当として長く人事を務めてきた、経理のプロフェッショナルであるなど、経験豊富な場合以外は正社員として再就職することは年齢とともに厳しくなります。

医療事務の転職はノーリスク

その点、医療事務はキャリアを重ねるほど、転職がスムーズに。

資格を取得してキャリアアップも可能です。医療機関は全国くまなくありますので、求人も安定してあります。

 

将来性があるのは医療事務

高齢化が進んでいる現在、医療の重要性はますます高まる傾向にあります。IT化が進み、一般事務の仕事は自動化され、人員削減が進行する傾向にあります。経理も常時正社員として必要な人員は少なくてOK。月末・月初の1週間程度、派遣社員に手伝ってもらうだけでいいという会社も多くなってきました。

医療事務の現場でもIT化が進んでいますが、患者さんへの対応やドクターの秘書的な役割など、「機械化・自動化」では賄えない業務も多く、一般事務に比べればまだまだ活躍できる場面が多くあります。いわゆる「手に職」の強みといえるのではないでしょうか。

 

まとめ

総務省統計局が2018年5月に発表した有効求人倍率ですが、すべての県で「1」以上と、求人の方が多くなっています。ところが職種別でみると、一般事務職は昨年の同月に比べ、0.31から0.27へと0.04ポイントダウン。今後もこの傾向は続くと考えられます。

その点、医療事務は介護という現場で新しく求人が増えています。介護保険制度導入により、施設で「介護事務」ができる人材を求めているからです。

お勤めをしながら、子育てしながら、医療事務の資格取得を目指すことは可能。社会を取り巻く環境やライフスタイルの変化に対応できるキャリア形成として、勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です