医事業務管理士の難易度と合格率

 

医事業務管理士は、一般財団法人 日本医療教育財団が主催する高度な医療従事者としての能力・技能を証明するための民間資格です。

医事業務管理技能認定試験に合格すれば、上級医療事務スタッフ「医事業務管理士」の称号を与えられます。

当試験の2011年度(平成23年)合格率は、32.6%とやや難しい試験内容となっていることが特徴です。

専業主婦の長女
医療事務と医療秘書をミックスした上級者向けのコメディカルな資格って感じね。
元ヤンの次女
スキルアップやキャリアアップを図っている方にいい資格よ。

基本データ

正式名称医事業務管理士(医事業務管理技能認定試験)
合格率32.6%
受験料8,000円
難易度やや難しい
取得目標期間9ヶ月
受験形態会場受験のみ
受験資格誰でも受験できる
試験時間180分(実技Ⅰ50分・学科60分・実技Ⅱ70分)
実施期間年3回(3月・7月・11月)
申込期間試験日の2ヶ月前〜2週間前
主催団体一般財団法人 日本医療教育財団
問合せ先〒101-0064
東京都千代田区猿楽町2-2-10
通信教育DPC請求事務講座

医事業務管理講座

概要

医事業務管理技能認定試験とは、出来高請求・包括評価請求(DPC請求)の知識やスキルを認定するための全国統一試験です。

診療行為に準じて算定する従来の請求方法である「出来高請求」から、「包括評価請求」へ方式の変換により今後も需要の高まる資格です。

包括評価請求(DPC制度)とは?

Diagnosis(診断)・Procedure(処置)・Combination(組み合わせ)の略。

高齢化社会に伴い、医療費の増加を防ぐために行われている厚生労働省が定める施策の1つ。

同じ疾患であっても、病院ごとに算定点数のバラツキを低減させるために、在院数に従って、1日あたりの定額の点数にするという算定方法です。

  • 出来高請求:診療行為ごとに算定される算出方法(従来の算定方法)
  • 包括評価請求:1日あたりの定額報酬を算定する(平成10年より試行開始された新たな算定方法)

平成28年には全国1,667病院が、DPC請求に対応する見込みとなっているため、今後もまずますニーズがある資格です。

キャバの三女
現状はマイナー資格だけど、これから伸びが期待できるってワケね!

試験内容

3つの科目(実技I・学科・実技Ⅱ)に分かれて出題されます。

なお、すべての領域で資料の持ち込み(ノート・参考資料など)は可となっています。

実技I 医事課患者接遇知識 筆記式:2題 50分
学科 医事業務管理知識 選択式:25題 60分
実技II 診療報酬請求知識 出来高請求点検:3題
包括評価請求点検:1題
70分
キャバの三女
持ち込みOKなのに、難しい試験内容なのね。
元ヤンの次女
相当準備していかなければ、合格できないわよ。

特徴

  • すべての科目おいて参考資料の持ち込みが許可されている(電卓も持参すること)
  • 試験結果は、試験日より約1ヶ月後に郵便で通知される
  • 合格ラインは全体の70%以上正解すること
  • 合格すれば、高位な医療事務員として安定した職場で働くことができる

まとめ

医事業務管理士は、医療事務と医療秘書の両方兼ね備えた、プロフェッショナル人材として働くことができる上級者向けの資格です。

スキルアップを目指すならば、是非とも受けたい資格です。

学習方法として、3つの道を選ぶことができます。

  1. 独学
  2. DPC請求事務講座(通信:学習目標3ヶ月)
  3. 医事業務管理講座(通信:学習目標9ヶ月)

非常にハイレベルな資格試験です。もしお金に余裕があれば独学ではなく、通信教育を用いて効率的に学習することをオススメしますね。

専業主婦の長女
医療事務として能力を磨きたい方、これからの時代に合わせた能力を向上させたい方は受験してみてね!
元ヤンの次女
きっとあなたにとって、これからの医療スタッフとして活躍できる人材へと成長できるわよ。がんばってね!

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です