医療事務の面接にあたり履歴書に絶対に書くべき2つのポイント

 

就職・転職活動において最も重要な選考が面接であるのは周知のことです。どのような職業でも就職・転職の際には面接を受ける前に履歴書を書くことがほとんどです。

この履歴書の出来次第で面接に進むかどうかが決まることもあります。したがってここでは面接対策の前に、履歴書の効果的な書き方についてご紹介します。

 

志望動機

採用担当者が知りたいこと

学歴や職歴はその人が今までどのようなことをしてきたのかという「その人自身」を知る上で大切な部分ですが、採用担当者が一番聞きたいことは「理由」です。

すなわち「どうしてたくさんある職業の中から医療事務を選んだのか」「どうしてたくさんある病院の中から当院を志望するのか」という理由を最も知りたいわけです。

だからこそ志望動機は面接で必ず聞かれますし、履歴書にも書かなければならない項目として存在します。

抑えるべき2つのポイント

したがって採用担当者の「この人はどうしてうちのクリニックで働きたいんだろう?」という疑問に「こういう理由があってこの人はうちのクリニックに応募してきたんだな」と納得させることができれば志望動機として満点です。

そのため志望動機を書くときには、「どうして医療事務なのか」「どうしてその病院なのか」という2点を抑えておくとよいでしょう。

 

志望動機の書き方

それでは未経験者と経験者の2通りについて、具体的な志望動機の書き方をご紹介します。

未経験者の場合

未経験者の場合は、「どうしてその病院で医療事務という職業を志望するのか」という理由をきちんと述べましょう。例えばこうです。

サンプル

実は以前こちらの病院に通っていたことがあり、そのとき受付の方にいつも丁寧な対応や暖かい言葉をいただき、とてもうれしく思いました。そのことがきっかけで医療事務の仕事に興味を持つようになりました。またいつも受付の方や院長先生が明るくにこやかに迎えてくれたり、声をかけてくれたりした経験から、患者様とのコミュニケーションを大事にしている医療機関であると感じ、私もその一員として働きたいと考え、志望いたしました。 

また医療事務の資格を持っているならば、そのことも加えて述べることを忘れないようにしましょう。

もっと未経験者の志望動機サンプルを見たい方はこちらもチェック!

【未経験者】医療事務の履歴書・志望動機のサンプル【例文集】

2018年4月18日

 

経験者の場合

医療事務の採用は経験者が優遇される傾向があることから、経験者の場合は経験者であることが最大のアピールになります。経験者であるということだけで必要な知識やスキル、適性が備わっていることが語らずともわかるからです。

したがって志望動機は「どうして医療事務という職業を志望するのか」よりも「どうしてこの病院を志望するのか」についてや、以前医療事務として働いていたときにどのような仕事をしていたのかなどについて書くとよいでしょう。その際に何かアピールできるような具体的なエピソードがあれば望ましいです。

「この人を採用したらこういう働きをしてくれそうだな」と採用担当者にイメージさせることができればよりよいでしょう。

経験者の志望動機サンプルを見たい方はこちらもチェック!

【経験豊富】医療事務の履歴書・志望動機のサンプル【例文集】

2018年4月23日

 

職歴について

職歴は履歴書では詳細に書く必要がないことがほとんどですが、前職がある場合は面接で退職理由を聞かれます。どのような理由で退職したのかを知ることによって、応募者がどのような人間かを採用担当者が判断する材料にするためです。

例えば職場の人間関係が辛くて辞めたという理由では、採用担当者に「また同じような理由でやめられそう」「本人に何か問題があるのかもしれない」という疑念を抱かせてしまいます。

そのため実際はネガティヴな退職理由でも、面接では採用担当者にマイナスの印象を与えないようにポジティヴな言い回しにして伝えられるようにしておきましょう。

 

まとめ

志望動機は面接で必ず聞かれます。そして採用担当者は「どうしてうちの病院で医療事務として働きたいのか」という理由を最も知りたいため、その点に注意した志望動機を考えましょう。

また前職がある場合は面接で退職理由などについて聞かれることがあるため、事前に上手な受け答えができるようにしておきましょう。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です