医療事務の添え状(添付状)の書き方や注意事項【例文あり】

 

就職活動や転職の際によく耳にする「添え状」もしくは「添付状」はご存じですか?

添え状とは一体どのようなものなのか、また医療事務の求人の場合、添え状の書き方や注意点を例文とともにご紹介します。

 

添え状(添付状)とはなにか?

添え状とは就職先へ履歴書や応募書類を郵送で送る場合、履歴書とともに同封する挨拶文のことを添え状と呼びます。添え状もしく添付状と呼ばれることもあります。

就職希望先から履歴書を郵送するように指示があったからと、封筒に履歴書のみを入れるのでは少し失礼な印象に取られてしまう可能性があります。

添え状は必ずしも必要なものではありませんが、本来であれば出向いて手渡しするべき履歴書を、郵送という形で送るのであれば添え状を同封することはビジネスマナーになります。

 

添え状の役割

添え状は「誰宛の書類なのか」「書類の目的は」「封筒の中身がどのようなものか」などを、挨拶とともに簡潔に記載したものです。相手が封筒を開封した際に、送付状に目を通すだけで書類の内容を一目で理解してもらうことができます。

先ほども述べたように、添え状は必ずしも必要なものではありません。添え状があるかないかで直接採用に影響するわけではありません。

しかしながら、添え状が無く履歴書だけが入った状態の封筒を見た採用側はどのような印象を持つでしょうか。面接もしていない履歴書の段階で「社会人としてのマナーを知らない人」といった印象を相手に与えてしまう可能性も考えられます。

 

添え状の書き方

添え状を書くにあたって重要なポイントがあります。

「いつ、だれに、だれが、何のため」のものであるかを簡潔に明記しましょう。添え状は本題ではなく挨拶状です。長々と書くものではなく、あくまでも「簡潔」にそして「正確」に書くことを意識しましょう。

添え状は挨拶文ではありますが、書類としてはビジネス文書にあたるため手書きで書くよりもパソコンで作成することが一般的とされています。履歴書に合わせて添え状も横書きで書くと統一感も出て相手も読みやすくなります。

 

記載項目

  1. 日付
    まず初めに記載する日付は添え状を作成した日ではなく、投函する提出日を書きます。
  2. 宛先
    宛先の略称を使ってはいけません。病院名も省略せずに法人名などからすべて記載します。また宛名以降、文中ではその都度病院名を書きません。御社ではなく病院なので「貴院」と書く点に注意しましょう。そして担当者の名前を記載しますが、分からない場合は「採用ご担当者」で大丈夫です。
  3. 差出人の氏名・住所・電話番号
  4. 書類の目的であるタイトル
  5. 本文
    拝啓ではじまり敬具で終わります。文中に簡単な志望動機を書く方もいますが、詳しい内容はすべて履歴書に記載しているので必ず書く必要はありません。志望動機を記載する場合は、文章が長くてくどくならないように注意し簡単な自己PRにしておきましょう。

添え状の例文

平成xx年xx月xx日

医療法人〇〇会
〇〇病院
〇〇課 採用ご担当者 様

〒xxx-xxxx
xxx県xxx市xx丁目xx番
(000)1234-5678
〇〇 花子

 

応募書類の送付について

 

拝啓 貴院ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 

このたび、〇〇にて掲載されておりました貴院の求人募集を拝見し、ぜひ応募させていただきたく以下の応募書類を送付申し上げます。

 

ぜひ面接にてお話する機会をいただけましたら幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

敬具

《送付書類》

・履歴書   1通
・職務経歴書 1通
・本書       1通 計3通

以上

 

まとめ

一般的な添え状の例文をご紹介しました。

郵送での応募には多くの募集希望者が殺到することが予想されます。

履歴書の段階でまず自分がマナーのある人材であることをアピールするポイントが添え状の有無です。履歴書に目を通した採用側に好印象を持ってもらえるように、簡潔で正確な添え状を記載し同封しましょう。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です