医療事務と医療秘書の違い。資格の難易度が低いのはどっち?

 

医療事務と医療秘書。どちらも病院や診療所で働く職業です。しかし、それぞれの業務内容は大きく異なります。

あなたはどちらの職業が向いているのかお悩みなのではないでしょうか?どんな職場でどんな仕事をしているのか具体的にご説明します。

専業主婦の長女
2つの職務内容を比較して、目指す職業を見つけてくださいね。
元ヤンの次女
そして1日も早くあなたの夢が現実に近づくことを願っていますね。
キャバの三女
ファイトです♪

 

医療事務と医療秘書の職務の違い

医療事務と医療秘書は、どちらも病院などの医療機関で働く仕事です。しかし、職務内容がそれぞれ異なります。

医療事務のメイン業務は診療受付から会計までの「患者接遇業務」です。

これに対して、医療秘書のメイン業務は病院長や医師、看護婦が業務に専念できるように事務的な面でサポートする「秘書業務」が一般的です。

つまり、医療事務は「患者」を。医療秘書は「医師」をサポートする業務が主な職務内容となります。

キャバの三女
医療事務は、「患者」が病院の玄関を入ってからお帰りになるまでを円滑にフォローすることが主な業務になっているのね。

中心となるのは患者様。

専業主婦の長女
医療秘書は「医師や看護婦」の事務や総務を行うポジションってことね。
元ヤンの次女
これを踏まえてそれぞれの業務内容を詳しく見ていきましょう。

 

医療事務の仕事内容

医療事務は病院の受付、レセプト入力、カルテ管理、会計、資料作成など病院や医療機関に関わる事務をします。

大きな仕事は2つあります。受付窓口から会計処理までを行う「患者接遇業務」。毎月患者さんごとに診療報酬合計を計算する「レセプト業務」です。

また個人病院や小規模医療機関で働く医療事務では、看護師やドクターの補佐、雑務なども仕事も行うことが多いです。

具体的な業務内容
  • 窓口案内・患者接遇業務
  • 問診票やバイタル測定
  • 患者登録
  • カルテ作成・発行
  • 外来会計業務
  • レセプト業務(診療報酬請求業務)
  • 掃除・清掃
  • 在庫管理
  • 予約管理業務
  • 入院・退院の手続き
元ヤンの次女
医療事務は事務作業をする一方で、受付や問診票などを通して患者様との距離が近いことが特徴よ。

不安な気持ちで病院に来られる患者様に、親身になって対応する場合があるから、人と直接関わる仕事がしたいって人は医療事務がいいわ。

専業主婦の長女
「コミュニケーション能力」や、相手の気持ちに寄り添うことができる「共感力」を持ち合わせている方は、もう医療事務になるしかないわね!

 

医療秘書の仕事内容

高齢化社会に伴い、医師の労働環境は社会的に問題になっています。その問題の軽減策として、医療秘書が注目されつつある職業になっています。

医療秘書とは、医師や看護婦に寄り添い、事務処理を中心とした業務をサポートするスタッフです。

総合病院の院長や大学病院の医局につく秘書として、ドクターのスケジュール管理、電話対応、来客の対応などが主な業務です。またドクターが学会に出かける時は、航空チケットや宿泊先の手配をします。論文や学会準備やデータ入力などすることもあります。

近年複雑になる介護の分野でも、地域の包括センターやソーシャルワーカーを介して、患者さんと医療現場をつなぐ仕事をします。

具体的な業務内容
  • スケジュール管理
  • 電話の対応
  • お茶の接待
  • 来客の対応
  • 院長室の環境整備・清掃
  • 郵便物の整理
  • ファイリング作業
  • 日報の管理
  • 文章の作成・管理
  • 車の手配
  • 学会への同行
  • 研究の補助業務
  • 出張の手配 etc…

より詳しく知りたい方はこちら「5分でわかる医療秘書のすべて。」

専業主婦の長女

大学病院や総合病院の医師や看護婦は、寝る時間がないほど忙しく過酷な労働条件の元働いているわ。

医療の最前線で働く人たちの負担を軽くするために、事務作業やパソコン入力、雑務を行うことが医療秘書の仕事ね。

キャバの三女
医療現場を支えるスタッフとして、非常にやりがいのある仕事なのね。
元ヤンの次女
イメージとしては、一般企業の社長につく秘書と同じような感覚ね。

医師の身の回りの支度・用度などオールマイティーな能力が必要になるわね。

 

取得するべき資格について

どちらも専門分野で働くことになりますが、資格の種類は全て民間資格です。国家資格は存在しません。

しかしながら、就職活動にあたっては資格があると有利になる場合もあります。特に未経験からの就職を希望しているのならば、しっかりと資格取得しておくことをオススメしますね。

 

医療事務おすすめ資格一覧

医科の医療事務職になりたい!どの資格を取ればいいの?

 

医療秘書おすすめ資格一覧

医療秘書の資格を徹底比較してみた!あなたに合う資格はズバリこれ!

 

元ヤンの次女
どちらの資格も取得しておくと、医療の専門分野での就職の可能性も広がりるわ。
専業主婦の長女
余裕があれば、複数の資格にチャレンジしてみてね!

 

取りやすい資格はどっち?

資格の種類にもよりますが、一般的には医療秘書の資格の方が取得しにくいです。その理由は、医療秘書を学べる環境が少ないことが挙げられます。

医療秘書の資格を取得するには1〜2年間、専門学校や短期大学で学んでから試験を受けることルートが一般的です。

それに比べて、医療事務は教材が豊富です。通学講座・通信講座・独学でもどんな手段でも目指すことが可能です。

市販テキストも、Webで公開されている資料も充実しているため、医療事務の資格が狙いやすいのが現状です。

元ヤンの次女
全くの未経験者であれば、「医療事務」を。仕事の幅を広げるためにスキルアップを狙うなら「医療秘書」ってのがいいのかもね。
キャバの三女
よーし。今日から本気だそう!

あなたも夢に向かって一緒に始めてみましょうよ♪

happily ever after(お幸せにね♪)

 

まとめ

医療事務と医療秘書の違いは、「誰をサポートするのか。」というところに明確な違いがあります。医療事務は「患者様」を。医療秘書は「医師や看護婦」を補助することが一般的です。

しかし、医療現場で働くということは共通であり、広い観点から見れば「患者」のために働くという、とてもやりがいのある仕事です。

あなたはどっちの職業に興味が湧きましたか?

可能であればどちらの資格も並行して取得しておくと就職の幅が広がりますよ。ぜひチャレンジしてみてください。

元ヤンの次女
患者様から「ありがとう。」の一言が本当に嬉しい職業よね。
キャバの三女
人との関わりを大切にしている方は、適性が十分ですよ。早速、勉強をスタートさせましょう!

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です