医療事務や調剤薬局事務はどんなが副業できる?かけもちで儲かる仕事

 

医療事務が副業できるかどうかは、勤め先の就業規則によります。就業規則で副業が禁じられていない場合は、どのような職種でも好きに副業することができるでしょう。

ここでは、主婦の活躍が多い医療事務・調剤薬局事務におすすめの副業をご紹介します。

 

家事代行スタッフ

家事代行とは文字の通り、家事を代行してもらうサービスのことを言います。依頼人の代わりに部屋の片付けや掃除・食器洗い・キッチンやお風呂、洗面所などの水回りの清掃・庭の掃除・洗濯・アイロンがけ・料理・日用品の買い物などの家事を行います。

家事全般を代行するので子供の送迎なども仕事に含まれ、その仕事内容は実に多様です。

共働きや高齢者、単身世帯の増加などのライフスタイルが多様に変化している現代において、お金を支払って自宅の家事を他の人にやってもらう家事代行サービスの需要は高く、利用者も増えてきています。

  • 「仕事が忙しくて家事に手が回らない」
  • 「病気や妊娠中あるいは産後で家事を行うのが困難」

など、依頼人はさまざまです。

したがって専業主婦として過ごしてきた期間が長い人や家事が得意な人はもちろん、得意というほどではないが普段から家事をしているという人にもおすすめの副業です。

 

家政婦やハウスクリーニングとの違い

家事スキルを活かして働くことのできる家事代行サービスですが、家政婦との違いは雇用形態にあります。

依頼人と家政婦が個人同士で契約を結ぶのに対し、家事代行サービスは依頼人と会社が契約を結んでスタッフを紹介する仕組みです。

 

家政婦との違い

家政婦の場合、「何かを壊してしまう」「依頼人に怪我をさせてしまう」などの何らかのトラブルが生じてしまうと、家政婦本人が責任を取ることになります。

しかしながら家事代行サービスの場合は、ほとんどの会社が損害賠償保険に加入しているので、万が一のときはスタッフの代わりに対応してくれます。

 

ハウスクリーニングとの違い

次にハウスクリーニングとの違いは、掃除内容や機材が異なるところです。

ハウスクリーニングは、業者専用の清掃機械や特殊な洗剤・道具を使って、エアコンやカーペットなどの汚れを徹底的に分解して洗浄します。

それに対し家事代行サービスで使用する掃除用具は、掃除機やスポンジといった依頼人の家にあるものを使用します。

 

家事代行サービスの「CaSy」



日本最大級の家事代行サービスに「CaSy」があります。掃除や料理などのごく一般的な家事を請け負う仕事であるため、特別な資格やスキルは必要ありません。

したがって普段家事をしている人ならば誰でも働くことができます。ただし依頼人に納得あるいは満足してもらえる最低限の家事スキルは必要です。

CaSyではマニュアルや研修制度がしっかりしていて、はじめのうちは先輩スタッフが一緒について回ってくれる同行制度もあります。

また家事代行サービスでは育児中の主婦や1人暮らしの高齢者が話し相手を求めて依頼してくることも多いです。そのためいつも受付で患者さんの相手をしている医療事務は、ホスピタリティある対応に慣れているので家事代行スタッフに向いていると言えます。

 

CaSyでの働き方




勤務形態は依頼人の希望によってさまざまです。年齢制限は特に設けられていないことが多く、スタッフの募集年齢も20代~60代と幅広いという特徴があります。

週1回2時間からの就業ができるため、自分のライフスタイルに合わせた仕事選びが可能です。もちろん週5日のフルタイムという働き方もできますし、働く場所も希望できます。

また働いているスタッフの約90%が他の仕事をしていて、副業として使っている人も多いです。

評価制度によって時給が上がる仕組みになっており、掃除だけを行う「お掃除代行スタッフ」や料理だけを行う「お料理代行スタッフ」と仕事内容が限定されている求人もあります。

 

まとめ

家事代行は、普段から家事の経験があれば特別な資格やスキルがなくてもできる仕事です。また家事のスキルが給与として評価される点も魅力的なところだと言えるでしょう。

したがって多くの主婦が活躍する医療事務や調剤薬局事務の副業として、おすすめの仕事だと言えます。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です