【働きやすさNo.1】医療事務が女性に人気のある3つの理由

 
キャバの三女
ねーお姉ちゃん、医療事務はなんで女性に人気の職業なの?

人気の秘密を教えてよ!

元ヤンの次女
いいわよ。

医療事務の主な魅力を3つ紹介するわ。これを読めばあなたも医療事務によりなりたくなると思うわよ。

専業主婦の長女
それでは早速みていきましょうね♪

 

女性に人気のたった3つの理由

理由1:転機にも理解がある

元ヤンの次女
女性にとって大きな転機となるのは「結婚・出産・育児」。この三つは、女性の仕事や職場に大きく影響することになるわ。

そもそも、医療現場のスタッフはナースをはじめとして女性が活躍しており、三大転機である、「結婚・出産・育児」に大きな理解があるわ。

女性の人生における3つの大きな転機

キャバの三女
そもそも医療事務は女性が活躍している、女性に向いている職業だものね。

「子供の急な体調不良」や「出産時のつわり」なんかにも理解があるということね。

元ヤンの次女
妊娠時は特にありがたいわ。

女性の職場ではママさんも多いため、当然だけど男性社会よりは理解があるもの。

専業主婦の長女
男性には、妊娠・出産は分かり得ないものね。

先輩ママさんからのアドバイスもいろいろと聞けるいい環境よ。

キャバの三女
短時間勤務(パートタイマー)も働く環境は整っているのかしら?

育児ママはしっかり働けるの?幼稚園は14時で終わっちゃうわよね?

子育て中のお母さんは時間に制約がある人も結構いるじゃない?それで就職先はあるのかしら、ニーズはあるのかしら?

元ヤンの次女
その点は大丈夫!心配いらないわ。

総務省の調査によると、女性の短時間雇用数は、「卸売業・小売業」の265万人(女性短時間雇用者総数に占める割合 23.9%)と最も多く、次いで「医療,福祉」228 万人(女性短時間雇用者総数に占める割合 20.5%)と発表しているわ。

キャバの三女
医療系は短時間雇用者が多いということね。

短時間の制度も充実していて、何より、その制度を使いやすいということね!!

専業主婦の長女
その通りよ!

 

理由2:未経験・無資格でも求人はある

元ヤンの次女
医療現場では、医師や看護師のように国家資格が必要とされる現場だと思われがちよね。

けれど医療事務はほぼすべてが民間資格となるので、資格は必ずしも必要ではないわ。

専業主婦の長女
実際に働いている方でも資格がなくても知識が豊富な方が多くいらっしゃるの。

もちろん、資格があった方が就職の面で優遇されるのは間違いないわよ。

キャバの三女
求人情報を見ればわかるけど、以外と未経験者の募集もしているのよね。
元ヤンの次女
そうよ、医療事務として求められるスキルはコミュニケーションスキル・パソコンスキルなど基本的には社会人として当然のスキルなの。

だから、やる気さえあればどんな方にも出来る職業ではあるわ。

キャバの三女
けど、診療内容やレセプトの知識などほとんど知らない人でも大丈夫なの?
元ヤンの次女
診療内容やレセプト業務も、ある程度医療機関や診療科毎に決まりが違うわ。

いくら経験者でもその医療機関に合わせて学習しなければならないのも真実よ。

専業主婦の長女
基礎的なことは今から通信講座で学べば大丈夫。

専門的なことは、実際の業務を通じて学習するもなのよ。

 

理由3:全国どこでも働ける

元ヤンの次女
なんといっても一番のメリットよね。

旦那が転勤族であれば、医療事務を目指すべきよ。

キャバの三女
旦那に合わせて職業を選ぶのもなんか嫌だわ。

けれど、なぜ全国で通用するのかしら?

元ヤンの次女
医療事務は、診療報酬請求業務(レセプト業務)や会計業務など、厚生労働省が定めた医療保険に関する仕事が主な業務になるわ。

そのため、それらの一連の流れを理解しているのであれば、どんな医療機関でも同様の業務が必ずあるため、全国で通用することができるのよ。

専業主婦の長女
病院は、都心でも、田舎でも、離島でも、必ずどんな場所にも存在するわ。

病院やクリニックの数だけ、雇用が生まれるから、食いっぱぐれない安泰の職業ってワケね。

 

その他

元ヤンの次女
他にも人気の理由はあるわ。

例えば、体力が必要なく、力仕事もないため年齢など関係なく長期的に働けるメリットもあるわ。

キャバの三女
肉体的疲労が少ないのは魅力ね。

体力に自信のない私でもできそうな仕事よね。

専業主婦の長女
業務時間・勤務時間にも特徴があるわ。

お昼休みの時間も長いから、お昼に自宅に帰って家事をする同僚もいるくらいよ。

業務時間がある程度決まっているのもメリットの一つ。

元ヤンの次女

残業はほぼなく、あっても月末月初のレセプト時期のみが一般的よ。

休日面でも祝日は休む医療機関が多いのも魅力よね。

 

まとめ

元ヤンの次女
医療・福祉分野で活躍していれる女性は、平成26年の調査で559万人。

女性雇用者総数に占める割合は22.9%よ。

つまり、働いている女性の5人に1人が医療・福祉分野に携わっているということになるわね。

専業主婦の長女
さらに、前年に比べて15万人増の2.8%増よ。

どんどん需要も高まっているという証よね。

どう?医療事務が如何に女性向きの仕事かわかったかしら?

キャバの三女
本当そうね。

女性にとって職場条件がこんなに整っているのは医療事務だけなんじゃない?

休みも業務時間も、環境も全てが魅力的だわ。

元ヤンの次女
後期高齢化社会に突入することがわかっている今の時代だからこそ、さらなるニーズが期待されているわ。

今からでも十分あなたも間に合うわよ!!

頑張って資格取得に精を出しましょ!!!

関連

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です