医療事務の在宅試験はカンニングしてもいいの?

 

医療事務資格は、取得しやすいこともあって非常に人気が高いです。

なぜ取得しやすいのかというと、それは医療事務資格のほとんどが在宅受験だからです。「自宅で受験できるってことは、答えを見ながら解答できるってこと?」と気になる人もいるでしょう。

ここではそんな医療資格の在宅受験について、詳しくご紹介します。

 

在宅受験がほとんどの医療事務資格

医療事務の資格には、民間の団体が認定するものがいくつもあります。

試しに「医療事務 資格」と入力して検索してみてください。実にさまざまな講座がヒットします。

そしてそのうちのページをいくつか開いてみましょう。取得できる医療事務の資格名が講座ごとに異なっていることがわかります。

 

例えば医療保険学院(株式会社エム・アイ・シー)が主催する認定試験に合格すると「医療保険士」という名前の資格が取得できます。

これが技能認定振興協会(JSMA)が主催する認定試験に合格した場合は「医療事務管理士」、全国医療福祉教育協会主催ならば「医療事務認定実務者(R)」というように、同じ医療事務の資格であっても名前が異なるわけです。

また今しがた例に挙げた資格をはじめ、医療事務資格のほとんどが在宅受験です。しかしこの場合、「主催団体が認める教育機関で講座を受講すること」が受験資格となっているところが多いです。

在宅試験できる資格・医療事務講座はどこ?全部挙げるわ!

2016年10月7日

 

試験内容は易しい上にカンニングOK!?

医療事務の資格試験は易しいと言われていますが、その理由は「暗記不要」にあると言えます。そのため試験問題そのものが易しいのではないということに注意が必要です。

例えば医療事務資格を取得しようと考えた場合、薬剤・注射・検査・処置・レントゲン・入院・手術などの医療に関する全ての範囲を学ぶ必要があります。しかしながら、試験の際は、テキストやノート、資料などを見ながら試験問題に解答できるため、医療保険制度や専門用語などを暗記する必要がありません。

つまり医療事務の資格試験は、「暗記する必要性もない」ため資格取得しやすいと言えます。

 

忙しい人におすすめの在宅受験

医療事務の資格講座には通信のものもあるため、時間さえあればいつでもどこでも資格勉強ができます。しかしながら仕事や家庭の事情で忙しいと、資格勉強の時間は確保できても資格試験を受けることが難しい場合があります。なぜなら試験が行われる日時と場所が決まっているからです。

土日勤務のために受験するチャンスがなかったり、試験会場が自宅から遠いために時間と費用がかかったりするといった理由で、資格取得を目指すのが困難だという人も少なくないでしょう。

ところが医療事務の資格は、試験会場も試験時間も自分の自由にできる在宅受験がほとんどです。

したがって忙しくてなかなか時間が取れない人でも、安心して資格取得に臨むことができます。

 

在宅受験のメリット

在宅受験のメリットは、何も「決まった時間に決まった場所に行かなくていい」ということだけではありません。もちろん、試験会場に行くまでの時間や交通機関を利用した場合の費用がかからないという点は十分大きなメリットです。

しかし、試験会場に遅れないように起床時間を設定してその通りに起きたり、外出のために天気や気温をチェックして服を着替えたり、持ち物を準備したりといった受験に関わる細かい用意をせずに、試験を受けたいと思ったときにすぐ受験することができる、受験への心理的負担の軽さも軽視できない要素です。

 

まとめ

医療資格のほとんどが在宅受験であり、試験の際にはテキストやノート、資料などを見ながら解答することができます。

そのため、忙しい人でも取得しやすい資格です。子育てママも、お仕事ママでも誰でも気軽にチャレンジできるところに魅力があります。

あなたもチャレンジしてみてください!応援しています。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です