医療事務と医師事務作業補助者の職業比較。仕事内容・やりがいの違い

 

医療事務と医師事務作業補助者、医療現場では同一のように扱われがちですが、役割や仕事内容は異なります。

どちらも医療現場で働くという観点では同じですが、他にはどのような違いがあるのかご紹介します。

 

医師事務作業補助者とは

医師事務作業補助者とは別名メディカル・セクレタリーとも呼ばれる職種で、平成20年の診療報酬改定により誕生した職種です。

平成20年(2008年)の改定により医師事務作業補助者という名称がつき、医師事務作業補助者を設置するにあたり体制加算が設けられました。

改定により名称がついただけであって、医師事務作業補助者の業務は以前より医療事務や医療秘書病棟クラークの仕事の一環として導入している病院や診療所もありました。

診察室に配置され医師の指示の下、医師の診察の事務サポートを行います。

まだ全国の病院で採用されている職種ではなく、現在徐々に採用が増えつつある比較的新しい職種です。

ポイント♪

セクレタリー(Secretary)とは、日本語で「秘書」「書記」を意味します。

 

医師事務作業補助者を設置する目的

医師の過酷な労働環境が問題

設置目的は病院勤務の医者の負担軽減であったり、診察と電子カルテの入力の同時進行を無くし、医師が診察に専念できる環境作りを目的としています。

長年にわたり医師の長時間労働や膨大な仕事量による負担や過酷な労働実態が問題視されていました。

そこで厚生労働省が医師の働き方を変えることを推進し実行するにあたって、医師の指示のもと医師代行として作業補助を行う新たな職業が誕生しました。

 

医師の負担軽減に効果あり

医師の負担が軽減されるということは、医師がゆとりを持って患者様と向き合える環境作りにつながります。医師が電子カルテを眺めたままで終わる診察ではなく、入力代行者が設置され医師がしっかりと患者の目を見て行う医療の質の向上になります。

実際に医師事務作業補助者を設置したことにより、病院全体の医師の超過勤務時間が平成24年4月では2.215時間から平成25年4月は2.068時間に縮減され医師の負担軽減となった結果が報告されています(※)。

(※)総務省による「医師等の確保対策に関する行政評価・監視結果報告書」 参照

 

医師事務作業補助者と医療事務の違い

医師事務作業補助者は通学・通信講座を受講し、試験に合格すれば民間が主催する民間資格が取得できます。ですが医療事務と同様、資格がなくても働くことができます。

 

医療事務の主な仕事内容

医療事務の一般的な日常業務は患者様の診療受付から会計まで一連の受付業務であったり、院内で医師、看護師をサポートする補助的なことに加え、レセプトと呼ばれる請求事務業務があります。

医師や看護師のサポート業務はありますが、メインは電子カルテやレセコンなどを扱う事務作業になります。

 

医師事務作業補助者の主な仕事内容

次に医師事務作業補助者の仕事内容です。

  • 診察内容を電子カルテに代行入力
  • 処方の代行入力
  • 検査のオーダー代行(採血・CT・MRI・PET/CT等)
  • 診断書や紹介状、意見書などの医療文書作成代行
  • 診察予約や施術予約
  • 入退院の手続き業務

などが挙げられ、これらを全て医師の指示の下で行います。

患者さまと接することの多い医療事務に比べ、医師事務作業補助者の仕事は基本的に「医師代行業務」であり患者様の応対は少ないことが特徴です。

主に診察室で医師、看護師と連携して事務仕事をします。

ポイント♪

  • 医療事務は、会計やレセプトなどの計算が主な仕事
    理数系に有利な職業
  • 医師事務作業補助者は、医師の文書作成代行が主な仕事
    文系に有利な職業

 

仕事のやりがい

医師事務作業補助者は事務職ですが、責任のある重要な仕事です。医師の代行入力ではありますが、処方や検査のオーダー代行や、診断書、紹介状などの重要書類の代行作成を行います。どれも、間違いが許されない責任ある仕事内容です。

医師や看護師のように直接患者様に医療行為をするわけではありませんが、オーダーミスをおかすと患者様の命にも関わります。「医師の指示の下に行う仕事」と軽い気持ちでできる仕事ではありません。

どれも基本的な医療用語や薬の名称、検査内容を理解してなければこなすことの出来ない仕事です。

医師がスムーズに診察が行えるよう負担軽減となるサポートを行うということは、医師の行動を先読みする力や医師一人ひとりの性格や癖を把握し診察の特徴を捉えなければなりません。

医師との連携が取れると実に診察がスムーズに進み、医師からの信頼を得られるやりがいのある職種です。

ポイント♪

医療事務よりも、より医療の現場に近い場所で活躍することができる事務スタッフです。

医師や看護婦を事務の側面からサポートする職員の需要は、全国各地で求められています。

 

まとめ

平成20年の改定以降、新設された医師事務作業補助者ですが導入することによる効果の認識が広まりつつあり、その結果として改定ごとに医師事務作業補助者体制加算の加算額が増えています。

このことからより一層必要とされる職種であることは確かで今後も将来性がある職種であることは間違いないでしょう。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です