2022年最新 医療事務講座の人気ランキングはこちら!!

【発狂】新型コロナ鬱による医療事務や調剤薬局事務のリアルな愚痴

こんにちは、医療事務ブロガーの元ヤン次女 (@iryojimu_hikaku) です!

「コロナ禍で患者さんの対応にイラっとする…。」
「コロナ対応の仕事でストレスが溜まりやすくなった…。」

このような医療事務さん、調剤事務さんも多いのではないでしょうか。

ホント、いい加減にしてほしいですよね…。

ここではそんな医療関係者の中でも、調剤薬局事務と医療事務のホンネ、もとい愚痴をご紹介します。

元ヤンの次女

今回の記事で分かること

  • 薬局や医療機関でのコロナ対応
  • 医療現場でのリアルな医療事務の愚痴

この記事を読めば、医療事務さん、調剤事務さんの苦悩、苦し悩んでいることがわかります。

医療現場で働くすべての人に「感謝」しながら、本記事を読んでいて頂ければ嬉しいです。

それでは、どうぞ!

 

医療機関での新型コロナウイルスへの対応

医療機関では、新型コロナウイルスの疑いに関わらず、原則として次のことに注意するように厚生労働省より通達されています。

まず外来患者の待合室において、発熱や呼吸器症状を訴える患者と他の患者、あるいは発熱や呼吸器症状を訴える患者同士が、一定の距離を保てるように配慮し、呼吸器症状のある患者にはサージカルマスクを着用させるようにすることです。

次に風邪の症状・発熱のある患者や、強いだるさ・息苦しさがある患者は迅速に隔離し、状況に応じて PCR 検査の実施を考慮することです。

最後に医療従事者は、標準予防策を遵守することです。標準予防策とは、全ての患者の血液・体液・粘膜・損傷した皮膚を感染の対象として対応することで、患者と医療従事者双方における感染のリスクを減少させる予防策のことを言います。

 

薬局での新型コロナウイルスへの対応

現在、薬局では厚生労働省から新型コロナウイルス感染症が疑われる者が薬局に来局した際に次のことに気を付けるようにと通達しています。

まず「基本的に薬局に訪れる者すべてが新型コロナウイルスを保有している可能性がある」という考えのもと、業務をするということです。そのため来局する患者すべてに対して、サージカルマスクの着用や手指衛生の励行といった標準予防策の徹底が必要になります。

次に新型コロナウイルス感染症患者やその感染を疑われる者が来局した際は、各地域における新型コロナウイルス感染者の報告状況や帰国者・接触者外来の設置状況等を考え、以下のことに基づいて感染予防策を講じなければなりません。

それは標準予防策に加えて飛沫予防策及び接触予防策を実施することと、個人防護具を着用中あるいは脱衣時に目・鼻・口の粘膜に触れないように注意し、着脱の前後で手指消毒を実施することです。

 

調剤薬局事務の愚痴

さて、このように新型コロナウイルス感染について予断を許さない状態で働いているからこそ、増えるストレスというものがあります。ここではそうしたストレスから生まれる愚痴を紹介します。

「薬の説明いらないから早くして。コロナが移る」「コロナが怖いから診察は受けずに薬だけもらいに来た」「外に出たくないからクリニックに処方箋を取りに行って、薬を用意しておいて」といった自分勝手な患者が非常に多いです。

特にこの「薬局の人間に処方箋を取りに行かせようとする」患者が少なくない事実に腹が立ちます。それでいて断れば、きちんと理由を説明しているにも関わらず逆上するので手に負えません。

また些細なことですぐ怒鳴り散らすなど、調剤薬局事務に強くあたる人も多いですし、患者が文句を言いそうな内容を調剤薬局事務に言わせる逃げ腰の薬剤師もいて非常にストレスを感じながら日々仕事をしています。

 

医療事務の愚痴

こうした愚痴があるのは調剤薬局事務だけではありません。新型コロナウイルスと最前線で戦っている医療機関で働く医療事務にももちろん愚痴はあります。

微熱が続いているにも関わらず、相談センターに連絡せずに直接病院に来る人の存在には本気で恐怖を感じます。また「コロナが怖くてあんまり病院に行きたくないから、先生に薬を多めに出してもらえるように言って」などの自分勝手な患者がどこにでもいます。

「どうしてこんなに待たせるの!?こっちは命がけで病院に来てるんだから!」とクレームを入れてくる患者もいて、「だったらそこで働いている自分たちは、それ以上に命がけだ!」と叫んでやろうかと思うほどです。

 

まとめ

新型コロナウイルスの対応に奔走する医療従事者たちは、日々容赦のないストレスをその身に受けながら働いています。

そんなギリギリの中で働く人たちの力があってこそ、たくさんの人の命が救えているということを忘れないようにしましょう。

>>医療事務になりたい方へ

たのまなのキャンペーン情報

今なら、おうち学習応援キャンペーン

たのまな医療事務講座では、2022年12月5日まで、最大15%OFFキャンペーン開催中です!

38,000円 ⇒ 34,200円

過去最大級におトクなキャンペーンです。

出典:たのまな公式ページ

ぜひこの機会に医療事務の資格にチャレンジしてください!!

12月5日までキャンペーン中!

ABOUT US
Avatar photo
元ヤン次女医療事務ブロガー
医療業界10年以上の「中の人」。医事会計システム&電子カルテのインストラクターや医療用コンピュータのシステム保全のお仕事をしながら、医療事務ブログを運営。夢は、一人でも多くの読者さんを一人前の医療事務に育て上げること。