新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)で医療事務が注意するべきこと

 

2019年に中国の武漢付近で発生が初めて確認されて以来、世界中に感染拡大が続く新型コロナウイルス(SARS-CoV2)ですが、医療事務や調剤薬局事務などの医療従事者が感染予防の際に注意すべきことは何なのでしょうか?

 

新型コロナウイルス(SARS-CoV2)とは?

人に感染するコロナウイルスは、これまでに7種類見つかっており、そのうちの1つが2019年12月以降から問題となっている「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。

この中の4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、ほとんどは軽症だと言われています。残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。

コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀であり、アルコール消毒などで感染力を失うことが知られています。

また新型コロナウイルスが動物由来であるとの確定的な証拠は見つかっていませんが、コウモリ由来のSARS様コロナウイルスに近い遺伝子配列のため、コウモリがこの新型コロナウイルスの起源となった可能性が考えられています。

 

新型コロナウイルスの感染様式

現時点で考えられているのは、飛沫感染と接触感染の2種類です。

飛沫感染

飛沫感染は、感染者の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫がウイルスと一緒に放出され、他の人が口や鼻からそのウイルスを吸い込んで感染することを言います。そのため屋内など、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすときは注意が必要です。

接触感染

次に接触感染ですが、まず感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触ると感染者のウイルスが付きます。そして未感染者がその部分に接触すると、感染者のウイルスが未感染者の手に付いて感染することを言います。感染者に直接接触しなくても感染するので、スイッチやドアノブ、手すり、電車やバスのつり革など、多くの人が手を触れるものには注意しましょう。

ちなみに空気感染については起きていないと考えられていますが、閉鎖空間において近距離でたくさんの人と会話するなどの環境下の場合、咳などがなくても感染を拡大させるリスクがあります。

 

新型コロナウイルス感染を予防するためには?

  • 「石鹸による手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒を行う」
  • 「できるだけ人の多い場所、混雑した場所を避ける」
  • 「十分な睡眠をとる」

などの一般的な感染症対策や健康管理を心がけることが大切です。

またこれまでの感染発生事例をもとに、1人の感染者が生み出す二次感染者数を分析したところ、感染源が換気不十分な密閉された環境にいた事例において、二次感染者数が特徴的に多いことが明らかになっています。

このことから、換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集まることは避ける必要があります。

 

医療従事者が注意すべきこと

帰国者・接触者外来を設けていない医療機関にも新型コロナウイルスの感染患者が受診する可能性はありますが、患者が発熱や呼吸器症状を訴えていても現時点では新型コロナウイルス以外の感染者が圧倒的に多いというのが現状です。

したがって医療従事者は、基本的には職場の方針に従うことになりますが、標準予防策の徹底に取り組みましょう。

標準予防策とは?

標準予防策とは、全ての患者の血液、体液、粘膜、損傷した皮膚を感染の対象として対応することで、患者と医療従事者双方における感染のリスクを減少させる予防策のことを言います。

また一般外来で発熱患者に対応する際は、常時マスクを着⽤して⼿指衛⽣の徹底をはかります。マスク着用時には、肌との間にすき間が生まれないようにしたり、マスクの表面を触ったりしないように注意しましょう。感染リスクが高まります。

 

まとめ

医療事務や調剤薬局事務などの医療従事者が、新型コロナウイルス感染を防ぐためには、まず個人的な取り組みとして一般的な感染症対策や健康管理に気を付けましょう。

そして職場では標準予防策を徹底し、患者と接するときはマスクの着用や手指衛生を怠らないようにする必要があります。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です