医療事務や調剤薬局事務が持つ、仕事の「プライド」や「誇り」とは?

 

医療事務や調剤薬局事務は、出産や育児で離職しても職場復帰しやすいことから女性に人気の職業です。

特別な資格がなくてもできる仕事ですが、ここでは働いていく上でどのようなことをやりがいに感じるのか、また仕事に対する誇りとは何かについてお話します。

 

医療事務ってどんな仕事?

医療事務の仕事は大きく3つに分けられます。

受付業務

まず受付業務です。受付業務はクリニックや病院の窓口に立って、直接患者とやり取りをします。そのため医療事務はその医療機関の「顔」とも言えるでしょう。

来院した患者から保険証を預かったり、カルテや診察券を作成したり、順番が来たら患者の名前を呼んで診療室に案内したり、医療費の計算や会計をしたりすることが、主な業務です。

クリニック受付の仕事内容と向いている人の特徴や適性

2019年3月14日

 

レセプト業務

次にレセプト業務です。レセプト業務とは診療行為に基づいたレセプト(診療報酬明細書)を作成して審査支払機関を通して健康保険組合、国民健康保険組合などに請求する業務のことを言います。

病院やクリニックの大部分の収入に関わるため、大事な業務の1つです。

レセプト業務の仕事内容と向いている人の適性をチェック

2019年4月2日

 

クラーク業務

最後にクラーク業務です。クラーク業務は、医師や看護師のサポートをするもので、外来クラークと病棟クラークに分けられます。

外来クラークでは、電話応対やカルテ・レントゲン・検査データの準備・病室の手配などを行い、病棟クラークでは、食事伝票の管理や手術・検査のスケジュール管理などの業務を行います。

病棟クラークになるにはどうすればいい?仕事内容や資格の難易度

2018年5月9日

 

調剤薬局事務ってどんな仕事?

調剤薬局事務も医療事務と同じように受付業務とレセプト業務があります。受付業務では、患者から処方箋を受け取って処方箋情報を入力し、お薬代の計算と会計を行います。

また一般用医薬品を取り扱っている薬局ではその販売を任されたり、医薬品の発注や検品、入庫などを行ったりしますし、薬剤師が調剤に集中しやすいようにサポートすることも業務の1つです。

医療事務は医療機関の種類や規模、診療科によって業務内容に大きな差がありますが、調剤薬局事務は薬局の規模などによって業務内容に大きな差はありません。

そのため患者さんが来局した際の受付や処方せん内容の入力業務が、1日の業務の多くを占めます。

医療事務と調剤薬局事務の違い。仕事内容や給料はどっちがいい?

2018年4月12日

 

医療事務や調剤薬局事務が持つ、仕事に対する誇り

感謝されるとき

まず患者から感謝されるときに、仕事に対する誇りを感じます。医療事務や調剤薬局事務は患者の心の負担が軽くなるように患者に寄り添う対応をこころがけ、時に手助けします。

そして治療が終わった患者から、

  • 「いつもありがとう」
  • 「助かったよ」
  • 「また何かあったらこの病院(薬局)に来るわ」

という言葉をかけてもらえるということは、仕事を続けていく上でのモチベーションにもなりますし、「この仕事をしてよかった」と誇らしくなります。

社会貢献ができる

次に患者を間接的に助けることができる仕事であるため、社会貢献ができることに誇りを感じます。医療事務や調剤薬局事務は診療や治療といった患者の健康に直接的に関与する仕事はできません。

しかしながら医師や看護師、薬剤師の負担を減らすことで、患者を助けるための大きな支えとなっているため、医療従事者として社会貢献できることに誇りを持つ人も多いです。

 

医療事務や調剤薬局事務のやりがい

医療事務や調剤薬局事務として働いていると、治療や検査・保険・医療費・薬などに関する知識が増えていきます。これらの知識は医療従事者としての仕事をしていなければ身につきにくいものです。

こうした医療従事者として働くまでは知らなかった知識は、日々の生活の中でも役立てることができるため、仕事で身につけた知識を周囲の人のサポートのために活用することができることにやりがいを感じます。

医療事務のやりがい

2018年4月25日

 

まとめ

医療事務や調剤薬局事務が仕事に対して一番誇りを感じる瞬間は、他者から感謝されたときだと言えるでしょう。

それは患者さんであったり、あるいは共に働く医師や看護師、薬剤師であったりと、たくさんの人から感謝されることがあります。

人と関わることが多い仕事ゆえに、こうした感謝は励みにもなります。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です