どうして医療事務は再就職しやすいのか?

 

女性の中には結婚や妊娠・出産を機に退職したのち、育児が一段落して子供に手がかからなくなったあたりで再就職を考える人も多いでしょう。

医療事務はその再就職のしやすさから、育児が落ち着いたママだけでなく育児中のママにも人気の職業です。しかしなぜ医療事務は再就職しやすいのでしょうか?

 

医療事務が再就職しやすい3つの理由

医療事務が再就職しやすい理由はいくつかありますが、まず単純に病院・クリニックの数が多いことが理由に挙げられます。

病院は全国どこでもある

平成29年度現在の病院の数は全国に178,816ヵ所であり、その数は年々増加傾向にあります。全国どこにでも病院があるため、例えば結婚や旦那さんの転勤をきっかけに別の地域へ引っ越すことになっても、働き口には困りません。

したがって現在勤めている医療機関を退職しなければならなくても、引っ越し先で再び医療事務として働ける可能性は高いでしょう。

 

経験者が優遇される

次に再就職しやすい理由として医療事務の採用には経験者が優遇されることが挙げられます。前職が医療事務だった場合は、即戦力として重宝されるため採用されやすいです。

 

ライフスタイルに合わせて働ける

前述した通りの再就職のしやすさと、とある理由から医療事務はお子さんのいるママにとても人気があります。実際に出産や育児を経た多くの女性が医療事務として活躍しています。

それでは医療事務が子を持つママに人気があるもう一つの理由はなんでしょうか?

ずばりそれは「自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる」ことにあります。特に小さいお子さんがいる場合は、毎日長い時間家を空けることは難しいですし幼稚園や保育園を利用している場合は送り迎えの時間との都合をどうつけるかが問題になります。

このようにお子さんのいるママは働ける時間に制限がありますが、医療事務ならば働き方に融通がききます。なぜなら医療事務は病院によって正社員契約社員・派遣社員パート・アルバイトなどの幅広い雇用形態が募集されており、その中から自分にあった雇用形態で働くことができるからです。

中には「週に1回から」「1日3時間から」といったパートの募集もあるため、短時間しか働けない人に人気があります。

 

人気があることはいいことばかりではない

再就職のしやすさと自分の都合に合わせた働き方ができることから、お子さんのいるママに人気のある職業であると前述しました。しかしその人気の高さゆえに医療事務として働きたい人が多く、競争率の高い職業だと言えます。

病院の中にはさまざまな育児支援を行っているところがありますが、そういったところの求人募集には小さいお子さんがいる応募者が殺到します。

またそもそも医療事務はお子さんがいる・いないに関わらず女性人気の高い職業ですから、もともとの競争率は高いです。

 

ブランクについて

再就職するとなると当然、その間のブランクが気になります。特に子育てが落ち着いてから再就職をするとなると、その間のブランクの長さは無視できないものになります。

求人募集の中には「ブランク可」としている病院もありますが、ただでさえ競争率の高い職業ですから、採用される確率を少しでも上げるために未経験者は資格取得を考えるとことをおすすめします。

同じ医療関係の看護師と比べて、資格取得に必要な知識は限定的でとても範囲が狭いです。したがって知識を習得するのに短い期間で済みます。

また試験は在宅受験である上にテキストや資料などを参照してもよいため、試験勉強が楽です。資格取得のための通信講座もありますから、忙しいママでも自分の都合に合わせた勉強ができるため、資格取得しやすいです。

 

まとめ

病院が全国どこにでもあることや採用の際に経験者が優遇されることから、特に経験者は再就職しやすい職業だと言われています。

また働き方に多くの選択肢があることからお子さんのいる女性にも人気が高く、それゆえに競争率の高い職業でもあります。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です