医療事務をなぜ辞めるの?辞める人が多いってホント?

 

医療事務は取りたい資格の上位に入ることが多く、特に女性に大変人気の職業といわれています。しかしその反面、離職率が高く、せっかく就職してもすぐに辞めてしまう人が多いという話もよく耳にします。

「事務職だから定時で帰れそう」
「医療系ということでなんとなく恰好よさそう」

「専門知識やスキルが求められるということでやりがいがありそう」

などなど。さまざまな希望を抱いてやっと就職したのに、「こんなはずじゃなかった」という人が多い様子。

今回は医療事務を辞めたいと感じる人が多い理由について考えてみました。

 

離職率が高い職業トツプ5

厚生労働省が2018年10月に発表した「新規学卒就職者の離職状況(平成27年3月卒業者の状況)」によると、新規高卒就職者の約4割、新規大卒就職者の約3割が、就職後3年以内に離職していることがわかっています。

そのうち、離職率が高い上位の職種を見てみると、大卒就職者で医療・福祉系従事者の離職率は37.8%。前年対比でプラス0.2ポイント上がっています。高卒就職者では47%で前年対比プラス0.1ポイント。いずれも平均よりも上回っているのが現状です。

(産業別、離職率の高い上位5産業)

大学 高校
宿泊業・飲食業 49.7% (▲0.5P) 宿泊業・飲食業 63.2% (▲1.2P)
教育・学習支援業 46.2% (+0.8P) 生活関連業 59.2% (▲0.2P)
生活関連業 45.0% (▲1.3P) 教育・学習支援業 56.5% (+0.5P)
医療、福祉 37.8% (+0.2P) 小売業 48.8% (▲1.6P)
小売業 37.7% (▲0.9P) 医療、福祉 47.0% (+0.1P)

 

医療事務はなぜ離職率が高い?

業務量が思ったより多い

医療事務の離職理由で最も多いのは、業務量の多さとやることが多岐にわたるというところ。

小さなクリニックであれば、レセプト計算だけやっていればよいということはなく、外来開始の準備や終了後の清掃、患者さんの応対、医療費の説明、ドクターや看護師とのやり取りなどマルチな対応が求められます。

また外来の受付が終了した後すぐに帰れるわけではありません。カルテの管理や書類の整理が残っていますし、毎月の診療報酬請求時は残業せざるを得ないことも。

 

特に患者さんからのクレーム対応は、医療事務担当者が矢面に立たなければならないことがほとんど。体調が悪く、医師の説明がよく理解できなかったことなどによる不安やイライラから、理不尽な文句をいう患者さんもいらっしゃるので、そういった訴えも受け止めなければなりません。

 

職場の対人関係が辛い

小さなクリニックだと、医師の奥さんが受付を手伝っているなど家族経営のところもあります。そんな時はなかなか意見が言えず、やりにくいと感じることもあるようです。また、大きな病院であっても女性が多い職場であるため、付き合いが面倒、気を遣うという人も。

 

医師や看護師なども日々緊張感と高い集中力で仕事に従事しているため、厳しいことばをかけてくる、「上から目線」でものを言いつける、という風に感じることも少なくないようです。

 

職業へ憧れと現実とのギャップをどう埋めるかがカギ

まずは「なんとなく恰好よさそう」というあいまいな印象で、仕事を選ぶのは辞めましょう。それはどんな職種であってもマイナスです。

特に医療事務は、デスクワークだけではなく、医師や看護師と患者さんをつなぐ橋渡しのような存在でもあります。椅子に座ったままで1日が終わる職場、というのはあまりないと思った方がいいでしょう。

また、レセプト請求するのは医療事務特有の仕事。必ず毎月1回、この業務がめぐってきます。残業が避けられない場合もあるということを、あらかじめ理解しておきましょう。

 

まとめ

医療現場は特有の緊張感があり、常に追い詰められているようで辛いという印象を持つ方も多いようです。

誰もが通る道であり、最初からすんなりとはいかないものです。また、女性同士の付き合いに悩むという場合もあるでしょう。しかしながら、それは医療事務に限ったことだけではなく、他にも女性だけの職場はあります。

「習うより慣れろ」。味方になってくれそうな人を早めに見つけ、相談に乗ってもらいながら、自分なりに職場に順応していくことも必要かもしれません。

究極の通信講座!
ヒューマンアカデミー

30年の伝統と実績から成せる効果的な医療事務通信講座!当サイトにご意見が寄せられる中で、一番人気の通信講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です